日頃市町の家紋

 大船渡市

家紋は、家系を象徴するものとして家々に伝承されてきた紋章です。おこりは、鎌倉時代の武士が戦の時旗や幕に紋章付けることから始まったとされます。家紋は苗字と一緒になり家系一門と深い関わりを持つようになりました。全国的によく知られているのは、佐々木の「隅立て四つ目」、高橋の「笠」、佐藤の「源氏車」、阿部の「違い鷹の羽」。また、一般によく使われている「三つ柏」「木瓜」「梅鉢」「上がり藤」「下がり藤」「片喰」「五三の桐」等があります。

日頃市町の家紋
地図

戻る