宿場町・金沢

 一関市

花泉町金沢地区は、藩政時代、石巻街道と東山街道が交差する宿場町として栄えた。今は交通の要衝としての役割をバイパスに譲り、ひっそりとしている。廨所道やお札場、上戸など当時の呼び名が今でも使われており、宿場町の伝統を継承しようという活動も盛んである。写真は昔の店舗造りを残す家。

宿場町・金沢
地図


1.廨所道(役所道)の名
1.廨所道(役所道)の名


2.宿場であったことを伝
2.宿場であったことを伝

戻る