大銀杏

 八幡平市

北寄木の字「井森」は古語で『泉のある岡』の意味があるといわれるが、ここには泉もあり推定樹齢350年、目どおり約8メートルに及ぶイチョウの巨木がある。地域住民の手により、社の供物などが行われ、元朝参りの場所として訪れる人も多い。

大銀杏
地図

戻る