九戸政実の首塚

 九戸村

折爪岳の東麓に南部盆地が広がる。麓側から眺めると折爪岳は、牛の背のようになだらかに見える。かつて南部氏の一族九戸(くのへ)氏が威を振るった根拠地であり、村内には菩提寺である長興寺、九戸神社、九戸政実(まさざね)の首を家臣が密かに持ち帰り、埋めたと伝わる「首塚」など、ゆかりの史跡がそちこちに残されている。

九戸政実の首塚
地図

戻る