宗松寺参道保存会

 一関市

東山町松川にある曹洞宗寺院、宗松寺。山門側の参道には200mに渡わたる杉の巨木並木が続いています。その数は約30本。町の指定文化財にも指定されており、樹齢460年を数えるものもあります。この参道を守るため、平成6年、参道保存会が結成されました。毎月3回、清掃や草刈り、補修など、自然保護に努めているほか、寺の近隣と協力し、消化訓練や付近を流れるの沢の流木を除去するなど景観保全のために活動しています。

宗松寺参道保存会
地図


1.威圧し聳え立つ杉
1.威圧し聳え立つ杉


2.イチリンソウ
2.イチリンソウ

戻る