鉄山染

 普代村

普代村萩牛地区の割沢には南部藩直轄の割沢鉄山がありました。この鉄山は文化12(1815)年から経営され、年間11満貫前後(約400トンの鉄を生産していたことが分かっています。その鉄山の跡地には現在でも多くの「鉱さい」(たたら製鉄で出るカス)があり、当時を偲ぶことが出来ます。そこの鉄分を多く含んだ水を使って染め上げるのが「鉄山染」です。萩牛地区の生活研究グループの方々が昭和62(1987)年に始めたもので、ひとつひとつが手づくりで、同じものがないというのも特徴。村の特産品でもあり、希望があれば体験学習も可能です。

鉄山染
地図

戻る