なもみ

 田野畑村

小正月(1月15日)の夕方、鬼のように面を付け、みのをまとった地域の青年たちが家々を回り、「わり〜わらすはいねぇが〜。泣ぐわらすはいねぇが〜」と冬の寒さで家に閉じこもりがちな子どもたちを戒め、健やかな成長を願う伝統行事です。

なもみ
地図

戻る