福田の人形祭り

 二戸市

身体の悪い所をなでたせんべいを家族の人数だけ神社にもちよります。麦ワラで男女2対の人形を作り、旗を先頭に、権現さま、せんべい担ぎ、太鼓などが行列をつくって、車に乗せた人形を「ヤレヤレヨースヨイサイ」とかけ声をかけながら引き回し、沢口橋からせんべいと人形を流します。天保年間(1830〜43)に飢饉や疫病が流行し、悪病退散の祭りとして始められたと伝えられています。福田字稲荷前。8月18日。市指定無形文化財。

福田の人形祭り
地図

戻る