和座神楽

 洋野町

正式には、八瀧権現和座神楽といい、岩手県から青森県の旧南部藩領に見られる山伏神楽の一つです。八戸藩の代表的な権現様として、通称、二万石権現と敬われている和座知育の八瀧権現は、江戸時代のはじめ、全国を巡り歩き、山伏の免許を手に帰ってきた種市家の先祖が西光坊と名乗って祭ったもので、その先祖が始めたものといわれています。正月とお盆の時期に舞い、「権現舞」をはじめとした12もの舞型で構成されています。

和座神楽
地図

戻る