岩谷観音

 二戸市

奥州糠部(ぬかのぶ)三十三観音の二十八番礼所。白鳥の部落から洪水で流れてきた観音様を引き上げ、その場所にまつったといわれています。本尊は観音菩薩座像と阿弥陀如来座像で秘仏です。南北朝時代(14世紀)の作で、県北では数少ない中央の仏師の手になる優れた仏像です。

岩谷観音
地図

戻る