「たろし滝」の計測(大瀬川葛丸渓流)

 花巻市

「たろし滝」は葛丸上流で川に注ぐ沢水が山の中腹で凍りついてできる大氷柱のことで、「たろし」とは「垂水」がなまったもので、できた氷柱が滝に似ていることから「たろし滝」と呼ばれるようになりました。毎年、2月11日に太さを計測。その太さでその年の農作物(米)の作柄を占ってきたと伝えられています。

「たろし滝」の計測(大瀬川葛丸渓流)
地図

戻る