五葉山神社

 大船渡市

本社は久安元年(1145年)に日頃市村行泉坊泰園(ぎょうせんぼうたいえん(社掌奥山家の開祖)が創立した神社で日枝神社とも称します。寛永11年(1634年)及び明治16年(1833年)と2度の火災で、古文書及び宝物を一切焼失してしまい、その詳細を知ることができません。開祖は修験者としての行も高く、衆人のためのこの難所を日吉の神霊に祈り神夢に託し、里人と登山道を開き、当神社を勘請して登山者の参拝を奨励擁護しました。五葉山は100km遠海からも望める霊峰で、航海者はもちろん一版海業者の守護神として広く祟敬を集めています。また、名峰として古来修験文人に好まれ、ここに参籠して修行し鍛練を積んだ名氏も少なくありません。

五葉山神社
地図

戻る