浄法寺塗

 二戸市

古くは天台寺御器といわれた浄法寺漆器。量・質とも日本一を誇る地元浄法寺産の漆を使用。製品の特徴は「蒔地法」という下地法を使用しているため水を使用せず、比類のない郷土の下地になっている。余分な色彩や模様がなく、淡い色合いも好評で、手元に長く置いておきたい愛用の逸品になる。

浄法寺塗
地図

戻る