「森の小さな美術館」

 八幡平市

美術館には二つのフロアがあり、大きい方のフロアでは、関東以西の陶芸家による「湯呑み」が約200点展示してあった。どれも素晴らしいものである。美術館内の作品は、3ヵ月ほどで入れ替えする。次の展示テーマは「酒器」。もう一つのフロアは、染谷さんの作品が展示されている。こちらは染谷さんがこの13年間につくった抹茶わん6000点の中から選りすぐった作品が並べられている。写真は自作の茶わんを持つ染谷一無さん。

「森の小さな美術館」
地図

戻る