清水川水系

 八幡平市

大正年代、先人は湧口からほどなくして松川に注いでいた座頭清水の流れを木管で松川を横断させ、農業用水として寄木や田頭(西根町)の水田を潤したという。この川は、今も下流まで水草バイカモ(方言でグンダリ)が繁る清流で、松川から取水した水路との違いが歴然。冷たくても、水量が安定している湧水を利用した先人の知恵と努力に脱帽。

清水川水系
地図

戻る