室根村第12区自治会の活動

ひこばえの森植樹祭での室根村第12区自治会長・小岩邦彦さん

 昭和57年に発足した室根村第12区自治会は、総合的な地域づくりを目指そうと6つの専門部を組織し、広報の発刊、産業講演会の開催、小正月行事の伝承、各種スポーツ行事、花いっぱい運動など多面的で活発な活動を展開しています。
 社会的にも国際的にも環境保全問題がクローズアップされている中、自らも仕事や生活に密着した解決方法として、クリーンエネルギー水車「こっとんこ」を共同の力で復元し、これをシンボルに豊富な清流づくりによる多種多様な産業振興と手づくりの地域おこしを行っています。この活動は、大川の上流に位置する地域として、森は海の恋人運動に共鳴し平成4年に、独自に策定した「水車ある集落づくり構想」に基づいたものです。この構想は、広葉樹の植樹による水源涵養の森づくり、水車小屋の復元、環境保全型農業の推進の3つを活動の柱として定めています。
 村有林を分林契約して植林地(ひこばえの森)を確保し、森は海の恋人植樹祭を平成5年から毎年6月の第1日曜日に開催。会場に大漁旗が掲げられ、全国から訪れた参加者によってケヤキ、ブナ、ヤマザクラなどの広葉樹を毎年2千本から3千本が植えられ、水源涵養の森づくりを「牡蠣の森を慕う会」と協働で進めています。
 室根村第12区自治会が、独自に進めている取り組みに環境保全型農業の推進があります。アイガモ農法をはじめ有機物質を積極的に活用するなど肥沃な土づくりを推進しています。また、減農薬に向けて、炭焼窯を建設し木炭や木酢液の利用を進めています。