「総合的な学習の時間」への活用を検討



良い天気に恵まれじっくり歩きました
良い天気に恵まれじっくり歩きました

   西和賀文化遺産伝承協会の主催によって開催された大野地区の地元学では、小中学校で段階的に導入が始められている「総合的な学習の時間」への教材として、地元学の実践学習が取り入れられるかどうかの検討も兼ねているため、沢内村、湯田町の学校関係者も参加しました。