こども環境(かんきょう)サミット
ビデオ


◎北東北こども環境
 ミーティングin秋田

(平成13年9月7日(金)〜9日(日))

 「聞こえるかい、自分の鼓動、自然の鼓動」をテーマに、秋田県森吉町にある奥森吉野外活動基地で、やく250人の北東北三県の小学生やエコクラブのみなさんが参加して、自然への理解を深めました。

大会3日間はキャンプ生活です。

大会3日間はキャンプ生活です。

■ジャンケンサイン集めで交流会
 はじめに、みんなの名前を知って仲よくなるために「ジャンケンサイン集め」をしました。大きな声で声かけ合って、お友達の名前を10コ集めます。

←何人の名前が集まったかな?名前だけでなくニックネームを集めるやり方もあるんだよ。



■道草ハイキング
 立川渓流コースと大印展望台コースの2つのコースに分かれて、野山を歩く道草ハイキングに出かけました。自然をのんびり楽しみながら歩くのが道草ハイキングです。ブナの森を歩くといろんな音が聞こえてきます。

←立川渓流コースでは川原でおもしろい石をさがしたり、流れに足を入れて水の冷たさを確かめました。



何を作っているのかな。

この森の動物の名前を考えてね。

■奥森吉自然祭り!
 森の中に入って、拾い集めた木の枝を使って動物を作ったり、細い枝をけずって、はしを作りながら、奥森吉の自然を体で感じることができました。石に絵をかくペインティング・ロックでは、立川渓流で集めた石を使いました。



■キャンプファイヤー
 キャンプファイヤーでは、グループごとに話し合って、歌やゲームの発表会をしました。最後に草原にねころがって、明かりを消して、静かに星空を見たときの感動が、みんなの心に残りました。

←楽しそうなみんなの声が、森の中まで聞こえていました。



楽しそうなみんなの声が、森の中まで聞こえていました。

■ア・ピース・オブ・フォレスト
 奥森吉の自然から、森の赤ちゃんを一つだけ持ち帰って大切に育てようとみんなで約束しました。森の赤ちゃんは、小さな葉をつけたばかりの木のこどものことです。



■みんな集まれ!
「北東北子ども環境サミット2002in青森」
 開催予定時期:平成14年8月9日(金)〜11日(日)
 開催予定場所:青森市(青森県青年の家、三内丸山遺跡等)
 参加対象:北東北三県の小学生およびこどもエコクラブメンバー