未来を拓(ひら)くクリーンエネルギー

 わたしたちが現在消費(しょうひ)しているエネルギーの約90パーセントは、太古(たいこ)の植物、動物、プランクトンなどが長い年月をかけて変化してできた化石燃料(ねんりょう)[石油、石炭、天然(てんねん)ガスなど]です。
 化石燃料(ねんりょう)の使い過ぎが、いろんな環境(かんきょう)問題を引き起こす原因ともなっていますが、21世紀もまた化石燃料(ねんりょう)にたよらなければならないことには変わりありません。
 このため、クリーンなエネルギーの開発が急がれています。

地球を汚さないエネルギーの研究が進められています。どんなエネルギーがあるか絵のなかの赤い文字をクリックしてみてね。


海洋(かいよう)エネルギー 天然(てんねん)ガス 風力エネルギー 廃棄物エネルギー 太陽エネルギー 水力エネルギー 低公害車 地熱(じねつ)エネルギー

環境(かんきょう)にやさしいエネルギーが、こんなにも研究されているんだ。ぼくの住んでいた縄文(じょうもん)時代には無いものばかりだね。人間ってすごいな。



すばらしい未来をつくるために、今何ができるかを考えて、行動することが大切よ。未来をひらくのは、マモルくんたちなんだから。



ぼく決めた、科学者になる。地球にいろんな環境(かんきょう)問題があることがわかったんだもの、だれかが地球を守らなきゃね、それ、ぼくがやる。