いわてこどもエコクラブ交流会の開催
ビデオ

 

 
交流会の様子
元気なエコクラブのみなさんが集まりました

 平成13年7月28日〜29日に、県立陸中海岸青少年の家において、県内のこどもエコクラブを対象とした交流会を開催(かいさい)しました。交流会には多くの子どもたちが参加し、海と森の自然体験を通し、交流の輪を広げました。
 平成12年9月に安比高原で開催した「北東北子ども環境サミットインいわて」での成果を踏まえ、初めて開かれた「いわてこどもエコクラブ交流会」では、こどもエコクラブのサポーターの方々を交えて、楽しい時間を過ごしながら、環境を守る大切さを学びました。
  交流会のプログラムは、企画段階から、こどもエコクラブのサポーターの方々が積極的に参加し策定しています。講師には、環境省の「こどもエコクラブ」実行委員としてその立ち上げから企画・運営を手がけられている川島憲志氏をお迎えし、海と森の楽しさを味わう陸中海岸ならではの交流会となりました。

 
指令書(しれいしょ)には、ことばを集めようと書かれています
コンコンチームです。よろしく!
キャンプファイヤーは楽しく、そして規律正しく

 こどもエコクラブやサポーターのみなさん約120人が参加した交流会では、初日の28日に自然体験ゲーム「ネーチャー・クエスト」を行いました。地図をたよりに森の中に設置された6つのポイントをさがして、自然とのふれあいをテーマとした課題のゲームに挑戦します。ゲームをクリアすると言葉が一つ手に入ります。集めた言葉を一つにするとキーワード「おもいやり」ができあがり。夜はキャンプファイヤーで交流を深めました。
 29日は、山田湾のなかにあるオランダ島にわたって自然探検です。お気に入りの石に絵を書いたり、自分にあてた手紙を書いて夏の日の一日を思い出として記憶に残しました。
 ◇さあ!みなさんもこどもエコクラブに参加しましょう!
 みんなのまわりに「こどもエコクラブ」の活動をするお友達がいないときは、自分たちで活動するグループをつくって事務局に登録しましょう。

登録の方法
1.
まずグループをつくります。
2.
「サポーター」を大人の人にお願いします。
※事務局との連絡や活動のお手伝いをしてくれる大人の人を「サポーター」といいます。
3.
事務局に登録します。
※事務局は、市町村役場の環境担当課にあります。申し込み用紙が用意されていますから、クラブの名前や、人数などを記入して下さい。
4.
登録がすむと事務局から会員証がおくられます。
5.
さあ、いよいよ活動開始。「エコロジカルあくしょん」が始まります。
 
■エコロジカルあくしょん■
 「エコロジカルあくしょん」は、みんなで話し合って、地球にやさしいどのようなことをするのか決めて活動することです。みんなの町の環境マップを作ったり、環境家計簿をつけたり、ゴミ探検隊など、自由に積極的に活動しましょう。
 ◇エコクラブを紹介しているホームページも参考にして下さい。
 こどもエコクラブ http://www.env.go.jp/kids/ecoclub/index.html

 
お気に入りの石に絵を描きます
楽しい作品ができあがりました