広がる環境保全活動


忘れな草の会
忘れな草の会
中津川の川岸に「忘れな草」を再び咲き誇らせようと取り組んでいる忘れな草の会では、牧草が生えている場所ではなかなか根づかない忘れな草のために、羊たちの力を借りることにしました。

 市川杜夫館長はさまざまな川の調査をしてきましたが、現在は盛岡市中心を流れる中津川に携わる活動と調査も行っています。「市民がいちばん親しみを感じる川だからこそ、守っていかなければならないと思います。1度は汚染された川ですが、いくつかの団体と市民の努力によりここまで復活してきたんです。昔の清流に戻すために、活動している人がいることを、もっとたくさんの市民に知ってほしいですね」と語る市川さんは、中津川の環境を守る活動に協力しています。館長にご紹介いただいた「忘れな草の会」や「中津川かっぱとかじかの会」、「本町振興会さけの放流実行委員会」の活動は、エコスポットとして登録されています。


     
中津川かっぱとかじかの会   本町振興会さけの放流実行委員会
中津川かっぱとかじかの会
鮭が上がってくる中津川に、かつて生息していたカジカを呼び戻そうしている「中津川かっぱとかじかの会」では、下小路中学校の生徒と共にカジカの卵を採取。岩手県内水面水産技術センターで培養、ふ化させた後、稚魚の放流を行っています。
本町振興会さけの放流実行委員会
盛岡市の本町振興会さけの放流実行委員会では、中津川に戻ってくる鮭を増やす活動を行っています。