ペレットの歴史(2)

90年代ねんだいはいってからはふたた生産活動せいさんかつどうさかんになってきました。これは、地球温暖化防止ちきゅうおんだんかぼうしやエネルギー安全保障あんぜんほしょう問題もんだい灯油価格とうゆかかく上昇じょうしょうなどにたいして、先進的せんしんてきくに政府せいふがとった奨励策しょうれいさく環境税かんきょうぜい機器導入補助ききどうにゅうほじょ普及啓発活動ふきゅうけいはつかつどうなど)が効果こうかあらわはじめたからです。
具体的ぐたいてきには電気暖房でんきだんぼう灯油とうゆシステムがペレットシステムへと転換てんかんされました。
政府せいふ奨励しょうれいしていない場合ばあいでも、ペレット燃料ねんりょうのもつ環境かんきょうイメージや価格優位性かかくゆういせいによってペレットのマーケットは急速きゅうそく拡大かくだいしています。これらのことはペレット燃料ねんりょう輸出入ゆしゅつにゅうあらわれています。現在げんざいおおくのくにでペレット燃料ねんりょう灯油とうゆ天然てんねんガスとの価格競争かかくきょうそうにさらされていますが、環境的かんきょうてき視点してんや、品質ひんしつたかさ、あつかいやすさのてんなどから、ペレットの需要じゅよう確実かくじつびてきています。


前へ 次へ