岩手県の「木質バイオマス」取り組み概要 木質バイオマスエネルギー活用の背景(2)

外国がいこくにはペレットストーブやチップボイラーなど、すで実用化じつようかされている技術ぎじゅつがあり、技術導入ぎじゅつどうにゅうによる普及ふきゅう可能かのうであること、また、ペレット生産工場せいさんこうじょう県内けんないにあり、ペレットの供給きょうきゅうには問題もんだいがない、という背景はいけいがありました。
岩手県いわてけんでは、地域資源ちいきしげんである木質もくしつバイオマスの利用りようが、
(1)地域産業ちいきさんぎょう振興しんこう
(2)エネルギー自給率じきゅうりつ向上こうじょう
(3)地球温暖化対策ちきゅうおんだんかたいさく
(4)循環型社会じゅんかんがたしゃかい構築こうちく
といった様々さまざま効果こうか期待きたいできることから、積極的せっきょくてきすすめています。

前へ 次へ