「化石燃料」からの二酸化炭素排気量と大気中の二酸化炭素濃度の変化の様子

化石燃料(かせきねんりょう)()ばれているものには、天然(てんねん)ガス、石油(せきゆ)石炭(せきたん)などがあります。この化石燃料(かせきねんりょう)は、(わたし)たちの生活(せいかつ)便利(べんり)にしてくれていますが、()やしたときに排出(はいしゅつ)される二酸化炭素(にさんかたんそ)産業革命以後急激(さんぎょうかくめいいごきゅうげき)にその排出量(はいしゅつりょう)()え、それに(ともな)って大気中(たいきちゅう)濃度(のうど)(おお)きくなり、温室効果(おんしつこうか)ガスの(なか)地球温暖化(ちきゅうおんだんか)(もっと)(おお)きな影響力(えいきょうりょく)があります。
化石燃料からのCO2排出量と大気中のCO2濃度の変化

前へ 次へ