南部鼻曲がりサケの由来

 江戸(えど)時代(じだい)(はじ)(ころ)大槌(おおつち)城主(じょうしゅ)大槌孫八郎政貞(おおつちまごはちろうまささだ)江戸(えど)地元(じもと)海産物(かいさんぶつ)(ふね)(はこ)んでから、南部(なんぶ)(はな)()がりサケとして有名(ゆうめい)になったといわれています。
 南部(なんぶ)(はな)()がりザケは、岩手(いわて)()れるシロザケをいいます。産卵(さんらん)(ちか)づくと(かぎ)のように(おお)きく()がる(はな)特徴(とくちょう)ですね。
シロザケ
 このように歴史的れきしてきにもふかかかわりがあり、本州一ほんしゅういち漁獲高ぎょかくだかほこるサケを、「南部なんぶサケ」として岩手県いわてけんではけんさかな指定していしています。

前へ 次へ