産卵床の中の卵

産卵床の中の卵
受精(じゅせい)からおよそ30(にち)(たまご)
  (やく)30(にち)(たまご)(なか)稚魚(ちぎょ)()()えるようになり、さらに30(にち)たつとふ()(はじ)まります。
 ふ()(ちか)くなると、稚魚(ちぎょ)口顎部(こうがくぶ)から卵膜(らんまく)(うす)くやわらかくする酵素(こうそ)分泌(ぶんぴつ)され、稚魚(ちぎょ)がでやすくします。

写真提供
(しゃしんていきょう)
岩手県(いわてけん)さけ・ます増殖協会(ぞうしょくきょうかい)

前へ 次へ