サケの誕生

サケの誕生  (たまご)川底(かわぞこ)砂利(じゃり)のなかで成長(せいちょう)し、毎日(まいにち)水温(すいおん)をたした(あたい)積算温度(せきさんおんど))が480℃になると(たまご)からでてふ()します。8℃の水温(すいおん)だと(やく)2ヵ月後(かげつご)になります。
 卵内(らんない)でクルリクルリと(まわ)っているうちに、卵膜(らんまく)(やぶ)れて稚魚(ちぎょ)元気(げんき)よくとびだしてきます。

前へ 次へ