本文へスキップ

子ども・若者育成支援に関するページです。

子ども・若者育成支援についてYouth Support


 県では、県内においても社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども・若者の問題が深刻な状況にあることを踏まえ、「子ども・若者育成支援推進法」(平成21年法律第71号。以下「子若法」と記載します)に基づき、子ども・若者が健やかに成長し、社会生活を円滑に営むことができるよう必要な支援に取り組んでいます。

1.岩手県子ども・若者自立支援ネットワーク会議

 子若法第19条第1項の「子ども・若者支援地域協議会」として、子ども・若者支援に関わる関係機関・団体をメンバーとする標記組織を平成28年12月に設置。関係機関・団体による連絡調整、情報交換を行い、連携体制を構築して、子ども・若者支援の効果的かつ円滑な実施を図っています。

2.子ども・若者指定支援機関

 子若法第22条第1項の「子ども・若者指定支援機関」として、平成28年12月、公益社団法人岩手県青少年育成県民会議を指定し、関係機関・団体が行う支援の充実を図るため、人材育成及び交流を目的とした研修会等を実施することとしています。

3.子ども・若者総合相談センター

 平成29年4月、青少年活動交流センター「青少年なやみ相談室」及び「岩手県ひきこもり支援センター」を子若法第13条の「子ども・若者総合相談センター」として位置づけて子ども・若者に関する相応に応じ、関係機関の紹介その他必要な情報の提供や助言を行っています。

≪参考≫